金欠漢の節約日誌〜なんとかしないと生活が!〜
   
お金が多すぎて困ることはない

自分なりのお薦め節約方法

給料はそんなにホイホイ上がらない。

今しかやれない体験をしたい(俺の場合は海外を歩き回りたい)。そんでもってできればお金を貯めたいし、彼女にたまには何か喜んでもらう様なプレゼントだってあげたい。

彼女にあげるプレゼント

そんな俺はワガママか?虫がいいのか?もしかしたら何かをあきらめればそれほど難しくないのかもしれない。

端的にいえば、多分これまで毎年2〜3回行っている旅行をやめてそのまま貯金すればかなりの金額になるわけだ。毎月給料日前に金がないとピーピー言う心配もなくなる。

確かに。そうなんだよ。でもやりたくない。そこは今の俺には譲れないラインなんだよな。もちろん旅行の経費や現地で使う現金部分を節約する努力はするべきだろうな。迷うなら安い方とか。

カードローン等で一時的にお金を借りることなども考えたりしたけれど給料が増えるわけでないのであれば、やっぱり「使わない工夫」はしないとね。

そんな頭だけではしっかり分かっている俺のおススメの節約方法、なんて当てになんねーと思うかもしれないけどいくつかあげてみよう。

まず、日常的な生活費の中でウェイトを占めているのは食費だ。特に外食をしているといくらあっても足りない。

外食にお金を使いやすぎかも

一人暮らしをしているとついつい外食や弁当になってしまうが これを見直すのが俺流。簡単に言えば一月3回×30日=90回の食事をするとして単純に1回500円〜1000円と考えると食費は4万5千円〜9万円。これをどれだけ減らせるか。

さすがに9万円はないけれど、本屋に並ぶ「○○奥さん」みたいな雑誌の表紙を見ると「家族4人で1食1000円(たまに1日1000円なんて超節約なタイトルもある)」なんて字が躍っているのを見ればまだまだ絞れるって事だ。

簡単なものなら全然料理ができないわけじゃないから休みの日とかは極力家で何かを作るようにする。

そして料理するなら、2〜3回分まとめて作る。

ミートソースとかカレーとか野菜炒め、この間は麻婆豆腐を作った。ここで「○○奥さん」ならフリージングとかするんだろうけど、そんなのは面倒くさいので基本的には続けて食べる。

パスタで食べた翌日はパンに乗っけて食べるとか、カレーうどんにするとかでバリエーションをつけることもあるけれど、同じものでも全然OK。

カレーなんかは3日くらい食べたりして。確かに3日目あたりになるとなんかコクが出て美味くなってくるんだよね。

一番いいのは土曜日の夜に作って、翌日の昼、うまく工夫すると夜まで食う。これができると充実した気分になる。

あとは1食当たりの単価を落とす工夫。外食ならやっぱり牛丼が手軽。栄養バランスを考えれば何かオプションをつけたいところだけどトータル金額で考えたい。

やっぱり牛丼といえば、王道の吉野家!
吉野家の牛丼

最近のヒットは某うどんチェーンでうどんを頼まずにごはんと野菜掻き揚げを食べてみたけど、なかなか。400円くらいで収まったけど大盛りごはんとサービスの天カスとテーブルにある出汁醤油でおいしく食べられた。

でも!やっぱりうどん屋でうどん食べないのは度胸がいるので、このワザ(?)は金欠時の非常外食としたい。後は飲み物かな。俺は冷たい飲み物を飲む人なんだけど、麦茶を家で作ればホント大きいペッボトル1本が10円くらいでできる。買うのがばかばかしい。

ジュースなんかがほしいときは大きいのを買って、最近は炭酸が抜けないように空気を入れるプシュプシュするやつがあるからそれをすれば2Lが2日は持つかな。せこいかな。

男らしいとはちょっといい難いけどね。後は音楽とかはダウンロードして曲を買うと1曲が高いから、GEOとかでCD単位で買うとかかなー?

GEOってやすくていいよね

あんまり役に立たないかな?とはいえ、最初の食費みたいに細かい単価を考えて1か月分積み上げるというような考え方で予算組みしていくのが一番のポイントだということはここ数ヶ月の金欠生活でだいぶ分かってきた。

さすがに主婦みたいに封筒に小分けとかはできないけれど、俺の生活なんかちょっと見直せば節約のやりようはいっぱいあるからそのところは楽しみながらやっている。

そこんところ、ちょっとは参考にならないかな?

Infomation

Copyright (c) 2014 金欠漢の節約日誌〜なんとかしないと生活が!〜 All rights reserved.