金欠漢の節約日誌〜なんとかしないと生活が!〜
   
お金が多すぎて困ることはない

便利なリボ払いって、どういう仕組み?

カードローンのリボ払いの便利なこところはね、ってこないだ彼女が言ったのには正直驚いた。

彼女は自宅で家族と住んでいるし、別に大企業のOLってわけじゃないけれど、ちゃんと正社員で仕事をしているんだからカードローンなんて使ってないと思ってたしね。

聞いてみると、もちろん俺みたいにお金に困っているわけではないらしい。

彼女のやり方は、まず給料が入ると実家にいくらかお金を入れる。

そのあと残りを全部予算立てしてしまうらしい。これは昼代、これは飲み会代、美容院に行くお金・・・なんて形で。月々に決まった額で貯金もやっているんだそうだ。

で、ココが彼女の変なところだけど、一旦分けるとそれを動かしたくないんだそうだ。そうなると急な出費などがあるとカードを使ってリボ払いに回しちゃうんだって。

俺は基本的にはリボ払いなんか怖くて使わないから、何が便利なのかよく分からないんだけど、彼女曰く、毎月の分割は大体決まっているから急に次の月にごっそり当てたくなくて、毎月少しずつ返済していけるリボ払いは便利なんだって。

リボ払いの仕組みはこんな感じ
リボ払いの仕組み

返済中にまた追加もできるから計画的に使えばペースを乱さないで対応できるのだそうだ。なるほど・・・。

単なる分割払いとどこが違うかというと、普通はよっぽど大きな買い物でないと分割払いは3回くらいで支払うものが多いから金額によっては月々の単価が高めになるのに対し、リボだと数千円から数万円まで幅広く設定できるから手数料はかかるけど、自由度が高くて、ボーナスなどの時だけ大目に払うことで完済時期を早めることができるのだそうだ。

もちろん、大きな買い物っていっても殆ど10万円を超すようなことはないって言うから、その辺は手堅いんだよね。

でも、俺が他の友達に聞くと今はカードローンの返済方法なんていうのは一括以外は殆どリボ払い。

最初に返済金額を決めておくと、月々は楽だけど結構大きな金額の返済となると、なんかダラダラ返済が続いて落ち着かないし、金利の支払いが増えていくというデメリットもある。

それに、他のものを買ってローンが増えてくるとどの分が返し終わって、一体いくら利子を払ってきたのか分からなくなるっていうんだよね。

そもそも月々の支払いもよっぽどちゃんと見ていないと何となく、「あー今月も落ちちゃうんだな」みたいな感覚もだんだん薄らいで、いつの間にか利子をたくさん払っている結果になるらしい。どっちが正しいのか、ホント分からない。

とはいえ多分・・・だけど、俺みたいなタイプは持たないほうがいいんじゃないかな。

どっちがいいんだろう?

要は自分でちゃんと管理できている人はリボ払いだろうと一括だろうとあとからいろんなものが追加されても分かっているから大丈夫だろう。

それにあんまり増えすぎたらセーブもできるんだろう。

でもそうしたことがちゃんと自己管理できないだろう俺が持つと、なんだか分からないうちにしかも返済のスタートは大概1〜2ヶ月後くらいだからすっかり忘れていて、ある日通帳を見るといきなりお金が落ちていて、そしてまた月末に生活を圧迫することになるんだろうな、と思う。

そうなったら本当に自転車操業だ。それは本当にコワい。

しかし一つ分かったことは彼女がなかなかしっかりしていると言うことだ。

リボ払いすら上手にコントロールして使いこなしているってすげーよ。

もし結婚できたら彼女に家計を任せたら貯金とかしてくれそう。頼もしいよ。

小遣いは減りそうだけどね。あと、彼女飛行機が苦手で海外旅行も全然興味がないんだよね。特に俺が行きたいと思うようなところは。

理解のないところは絶対真っ先に予算から削られるだろうな。となるとやっぱり今自分で管理できている今のうちに貯金をしなくちゃ。

結婚資金が先か、海外旅行の資金のめどが立ったら結婚資金をため始めるべきか・・・?

う〜んかなり難しいな。

やっぱりなんか副業、さがそうかなあ。借りるより稼いだ方が俺向きかもねぇ(笑)。

Infomation

Copyright (c) 2014 金欠漢の節約日誌〜なんとかしないと生活が!〜 All rights reserved.